車買取業者が査定時にチェックする箇所とは?【フィット購入時編】

クルマ買取業者が査定時にチェックする所は色々あります。はじめに、外観上もっとも目立つキズや凹みや歪みをチェックします。
あまりに些細なものはマイナス修正にはなりませんが、ある程度大きな凹みや複数あるキズなどはマイナス査定になるので、注意が必要です。
その他といえば塗装の状態やヒビの有無、ドアの開閉、ガラス面の傷なども見ます。同じように車内もしっかりとチェックされます。

車内やその他の査定目視項目とは

シートのしみ込んだ汚れ、不快なニオイ、シール、ステッカーの貼り跡などといた項目をチェックします。ペットやタバコといったニオイは減点されてしまう対象になります。足回りでは、タイヤの様子やホイールの傷、サスペンション周りの状態、マフラーに異常がないかをチェックします。
マフラー、ハンドル、ホイール、エアロパーツ、サスペンション、などを社外品に交換しているような場合は、純正品が良好な状態であるかなどもチェックします。エンジンは特に重要で、査定士はエンジン系統に何か問題がないかを見ます。
エンジンオイルと、エンジン自身が正常かどうかを確認します。
そして車検証に記録されている内容の確認や、車載オプションなども確認しながら、総合的に積算をして、査定結果をいっきに出していきます。